愛車を買取店へ査定に出す前に、必ずチェックしておくべきポイントがあります。

少しでも高く車を売却するために、事前にしっかりとチェックして対策をしておきましょう。

まず最初にチェックすべきポイントは、ボディ周りの汚れと内装の汚れ具合です。

普段はガソリンスタンドの洗車マシーンを使っている人も、査定の前には手洗いでしっかりと洗車をすることをおすすめします。

車が汚れていると細かな傷などを発見しにくいために、査定担当者は嫌がります。

汚い状態で持ち込まれると、担当者が自分できれいにしてから査定を始めることもあるようです。

査定をしてくれる人も人間ですから、最初から車をきれいにした状態で持ち込んで、気持ちよく査定をしてもらった方が心理的に高額査定につながる可能性があります。

洗車マシーンばかりで、自分で洗車をしたことがないという方でも、ネットで検索すれば効率的な洗車の仕方をいくらでも探すことができます。

また、洗車に必要なグッズも、カー用品店に行けばいくらでも便利なものが売られています。

どうしても自分で洗車するのが苦手だという人は、ガソリンスタンドの手洗い洗車サービスを利用して、プロの手によってピカピカに洗車をしてもらうといいでしょう。

どうせ売ってしまう車だから汚いままでもOK、などという考えでは絶対に高額査定をだしてもらうことは出来ません。

また、室内の汚れやニオイなども確実にチェックをするようにしましょう。 特に小さな子供を乗せることが多い車は、食べ物や飲み物をシートにこぼして汚してしまったりすることもあるので、そういった汚れも出来る範囲で取っておくようにすると高額査定につながります。

また、タバコのニオイやペットのニオイなどが残っている場合も、大幅に査定額を下げられてしまいますので、出来れば消臭をするようにしたいものです。

しかし、一度ついてしまった車内のニオイはそう簡単に取れませんので、実際に査定をしてもらうだいぶ前から根気よく消臭グッズなどを利用してニオイを消していくといいでしょう。

それと意外に見落としがちなのが、車の取扱い説明書や整備手帳などがしっかりとグローブボックスの中に入っているかどうかも確認しておきましょう。

ふだんこれらの書類を持ち出すことはあまりないと思いますが、もし紛失してしまった場合にはマイナス査定となりますので注意が必要です。