同じ中古車であっても、それを査定する業者によって買取価格が大きく異なってしまうケースが少なくありません。

実は、車の買取価格は車種や型式、走行距離だけで決まるわけではないのです。

意外にそのことを知らずに「どこの買取業者でも査定額にそれほど差はないだろう」との自分勝手な解釈で、1社にしか見積もりを依頼しない方も少なくないようです。

しかし、買取業者によってはある車種には強いがある車種には弱いといったように得手不得手があることが多いですし、販売ルートや在庫状況などの違いにより求めている車種が異なるのです。

オークションを経由せずに販売ルートが簡素化されている買取業者であれば、中間マージンが大幅にカットできます。

カット出来たマージン分は、中古車を購入される方だけではなく、売却する人にも還元されることになります。

よりシンプルな流通経路を持つ買取業者の方が、高価買取をしてくれる可能性が高くなるのは当然といえるでしょう。

もちろん、買い取った車をオークションを経由で流通させる業者の買取価格が、必ずしも安くなるとは限りません。

オークションを経由することで、1台あたりの利益は薄利であったとしても、たくさん車をオークションに流して回転をよくすることで、利益を出すこともできます。

そういった流通のさせ方をする業者の場合には、大量の在庫が必要になるために、在庫確保する必要から想像以上の高値をつけてくれることもあるのです。

また、買取業者が求めている車というのは、それぞれの会社で異なることも多いのです。

たとえば、A社はミニバン、B社は軽自動車など、自分の会社に強みを持つ車種に対しては、他社に負けないだけの高い金額で買取価格を提示することが多くなります。

このように、買取業者にはそれぞれの会社ごとに異なった事情があるために、まったく同じ中古車であったとしても、提示される査定額が大きく変わってしまうということが起こるのです。

そういったことが理解できれば、車を売るときに1社だけにしか査定をしてもらわないというのは、非常にもったいないということに気が付くと思います。

必ず複数の業者に査定をしてもらって、それを比較することによって高値で売却をすることができるのです。