中古車店に並べられている車の中に「修復歴あり」と書かれた車を見かけることがあります。

「修復歴あり」という言葉だけをみると、軽くドアが凹んで修理をした程度なのかなと思ってしまうかも知れません。

しかし、その「修復歴あり」と書かれた車の値段を冷静に確認してみてください。

相場にくらべて、驚く程安い値段で販売されているに違いありません。

確かに、軽くドアが凹んだ程度のものを修理した車ということであれば、相場にくらべてかなり値段が安いのならばお買い得車ということになります。

ところが、この「修復歴あり」の車は、お買い得な車どころか、絶対に買ってはいけない車なのです。

実は「修復歴あり」の表記がある車というのは、「事故車」のことなのです。

「事故車」というのは、車のフレームの部分に重大な損傷を受けるなどして、走行性能に影響が出る可能性がある車のことをいうのです。

そのため、外見的にはきれいに修復してあったとしても、実際に乗ってみると車がまっすぐ走らないなどの不具合が出る可能性があるわけです。

そういった車を購入することは非常にリスクが高いため、なかなか買い手が付かないことになります。

その結果として「修復歴あり」という表示をして、格安で販売しているわけです。

逆に、ドアが凹んで修理した程度の車であれば、事故車扱いになることはないといえます。

当然ながら「修復歴あり」という表記になることもありません。

ですから、もしあなたの車が過去にドアを凹ます程度の軽い事故を起こしたことがあったとしても、その車を売るときに事故車扱いを受けることはありません。

つまり事故車というのは「過去に事故を起こした車」という意味ではなく「事故によって車の重要な部分に重大な損傷を受けた車」ということになるのです。

逆に、過去にそのような大きな事故を起こしたことのある車を売却するときには、正直に申告しなくてはなりません。

そういった事実を隠していたとしても、プロの査定士が見れば事故車かどうかは分かってしまいますし、そのことが契約後にバレた場合には、買取業者とトラブルになる可能性があるので注意をしましょう。